日本の伝統技術で作り上げた間接照明にもなる一枚板テーブル

一枚板テーブルKAGUYAの3つの特長

  • 1.天然大理石の中にLEDを仕込んでおり、テーブルが間接照明の役割も兼用します。
  • 2.調光式のLEDを採用している為、気分に合わせて明るさや色を変更・調節可能です。
  • 3.最新のLEDライトを使用し、LEDの寿命は約4000時間。その為「ライトが切れる」という心配がありません。
    ※もし万が一、使用中にLEDが切れてしまった場合も使用年数問わず、何回でも交換にお伺いいたします。

KAGUYAができるまで

  • 1.買付 日本の材木屋にて木を買い付けます。
    長年の付き合いのある信頼できる材木屋から木材を買い付けます。
    テーブルのデザイン、大理石の入れ方は木の特徴を最大限に生かしたものですので、この買い付けが非常に重要です。
    木によって良し悪しがありますので、材木屋もの入念に話し合いを行います。
  • 2.製材 買い付けたその場で製材を行います。
    (丸太を大きなノコギリでスライスしていきます。)
  • 3.加工 東京八王子の工房にてテーブルに加工します。
    KAGUYAはすべて東京八王子にある、社寺彫刻の工房にて制作しております。
    制作工房が社寺彫刻家なので確かな技術で制作しております。
    この時点でLEDと大理石を埋め込んでいきます。
    埋め込み方法は日本伝統技術の”象嵌”を使用致します。
  • 4.完成 こうした工程を経て、一枚板テーブル~KAGUYA~は完成致します。
    木材の買い付けから制作までをすべて自社一括しておりますので、質の高いテーブルを皆さまにお届けすることができます。

KAGUYAの仕様

LED

LEDは調光式を採用しておりますので、LEDの光の色、明るさはコントローラーでお好きな色に変えることができます。(蛍光色→電球色)
光は天板上の大理石と足元にも届くように設計されています。

テーブルの脚

KAGUYAは一枚板とお好きな脚を組み合わせてお作り致します。脚の制作にもこだわりました。
立てて使えばダイニングテーブル、倒して使えばローテーブルとして使用できます。
脚は耐久性を考え材質はスチール(鉄)を使用しております。
中は空洞にしてある為、重みは最小限に耐久性は最大限になっています。
一枚板テーブルの性質上、木それぞれの大きさが違うため、天板は決まったサイズがございません。
設置場所にお伺いさせていただき、お部屋のサイズ、ご希望のテーブルのサイズ、ご希望木種などの細かい打ち合わせをさせていただきます。
ご希望のサポーター様に限り、実際にテーブルを置くお部屋にお伺いをさせていただきその部屋にあったサイズ、木種をお選び致します。
テーブルのセッティングも弊社スタッフが設置場所にお邪魔させていただき、セットさせていただきます。
工房の見学も受け付けておりますので、お気軽にお申し付けください。